--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年10月31日 (土) | Edit |
キュウコン 
HP攻撃防御特攻特防速さ
73767581100100

タイプ:ほのお
特性:もらいび
タマゴ:陸上(5355歩)


催眠の命中率が下がったため、従来の催眠悪巧み型がやや安定しづらくなった。
HGSSでパワースワップを習得。元々のステータスに合った、小回りの利くサポーター型に立ち返るべきかもしれない。
素早さは半端で過信はできない。が、相手を選べばうまく翻弄もできるだろう。

【サポーター型】
特性:もらいび
性格:おくびょう(H252、S252、C6)
持ち物:こうかくレンズ
技:オーバーヒート、鬼火、怪しい光、パワースワップ

→物理は鬼火で、特殊はオバヒスワップで流せたらいいな型。先手前提なので相手は結構限定される。
 特攻は低いが技の威力が高いので火力は馬鹿にできない。だが弱点を突いても確1でない相手は多く調整も考えられる。
 威嚇返しなどもできれば面白いが、パワースワップはあくまでオマケ。無理に狙いに行かない方が安定はするだろう。
<代案>
持ち物:シュカのみ、木炭、タスキ、イトケのみなど(持ち物はどれも一長一短。タスキはやや勿体ないか)
技:痛み分け(延命可能だが元々が脆いので扱いづらいか)
  催眠術(鬼火と使い分けも悪くない、がスワップの入る余地はなくなってくる)
  ほえる(積み崩し可能だがスワップでも代用可。状態異常技とのシナジーは良い)
  サブウェポン(相手に合わせて。威力はあまり期待できない)


メインの役割はあくまで鈍足に対する鬼火撒き。スワップは原則的にオバヒ後前提なので割と打ちづらい。
積み崩しとしての性能は高い。むしろそういった限定的な状況で打つための技として考えるべきか。
やや火力不足な感が否めないが鋼焼きもそれなりには任せられる。が、火力的に鋼相手でも先に鬼火を打った方がいい場面が多いかもしれない。
おわり。
2009年10月08日 (木) | Edit |
フーディン 
HP攻撃防御特攻特防速さ
55504513585120

タイプ:エスパー
特性:せいしんりょく/シンクロ
タマゴ:人型(5355歩)


典型的な速攻アタッカー型ステータスタイプで、技のバリエーションも広くそこそこ扱いやすい。
ただし、技の威力自体はそれほど高くないので火力に過信は禁物。アンコなどで相手の動きを縛りながら戦いたい。
こだわりアイテムなどとも相性がいいが、今回はそれに関しては考察しない。

【特殊アタッカー型】
特性:せいしんりょく
性格:おくびょう(S252、C252、H6)
持ち物:きあいのタスキ
技:サイコキネシス、シグナルビーム、アンコール、カウンター

→いわゆるタスキカウンター型。元々できることが多い分、カウンターはそこまで読まれやすくはない。
 また、カウンターを見せてからアンコールで縛ることもできる。が、当然相手の交換は警戒すること。
 常に二択三択の行動選択を迫られることが多いので、読み重要。ごり押せない相手も多いので注意。
<代案>
持ち物:命の玉、ヤタピのみ(勿論カウンターは採用できない)
技:気合球(物理型が多い鋼と悪はむしろカウンターのほうが突破しやすい。が、そもそもの相性自体はいい)
  瞑想(アンコとコンボで)
  身代わり(タスキを持たせないなら交換読み優秀。みがヤタも)
  その他サブウェポンお好みで。


先手が取れること前提の戦法なので、こちらより早いポケモンにはかなり分が悪い。
だが、それ以外が相手ならある程度有利に戦いやすい。受けポケモンも場合によってアンコで流すことができる。
ただし相手もフーディンのアンコは確実に読んでくるので、特に先制技持ちを相手にする場合は注意。無理せず退こう。
おわり。
2009年09月28日 (月) | Edit |
ニドクイン 
HP攻撃防御特攻特防速さ
908287758576

タイプ:どく/じめん
特性:どくのトゲ/とうそうしん
タマゴ:怪獣/陸上(5355歩)


種族値は耐久が比較的高く、タイプの関係上格闘受けを任せやすい。
4倍弱点がないので場合によってはグライオンより安定しうるが、再生技がないので居座りづらい。
その代わり設置技を2種撒けたりサポーターとしての側面も強い。HGSSにて怒りの前歯習得。突破力が上がった。

【物理受け型】
特性:どくのトゲ
性格:わんぱく(H252、B252、D6)
持ち物:くろいヘドロ
技:地球投げ、毒びし、怒りの前歯、ほえる

→やや先発向き。毒びしを撒くのでそれに合うPT構成にしたい。先発で出やすいゲンガーに完封されるのはご愛嬌。
 受けれる範囲はそこまで広くない上、耐久性能自体もさして高いわけではない。実働ターン数は短めに見積もっておくこと。
 多く役割を持たせられるわけではないが、役割内でのカスタマイズ性が高い。PT内でうまく安定する構成を見つけていこう。
<代案>
持ち物:オボンのみ、カゴのみ(4ターン以上居座れないならオボンの方が優秀)
技:地球投げ→地震(地震の方が威力が高いこともある。が飛行や浮遊持ちには為す術無し)
  ステルスロック(撒きたいなら)
  甘える(物理を流しやすくなる。回復できないとやや無駄になりやすい)
  眠る(回復技を持たせたいなら)
  挑発(構成上受け突破の役割も持たせやすいのでそちらを特化するなら相性はいい)


毒びし撒けて前歯打てるのは多分ニドクインとニドキングだけ!やはりサポーターとしての素質の方が高いかもしれない。
まだどこまで耐えられるのかあまり実際的には把握できてないので技構成には改善の余地あり。ほえてる暇はないかも。
能力自体はあまり高くないが技同士のシナジーが高く、研究しがいのあるポケモンだと思う。
おわり。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。